トップページ > 学生ローンも使途自由の消費者金融が多い

学生ローンも使途自由の消費者金融が多い

教育ローンは目的型ローンですので、借入金の使途は入学金や授業料などに制限されることになります。直接、大学へ振り込まれるケースも多いですし、または、入学金などを実際に支払った後に融資されることも多く、借入れたお金を自由に使えるわけではありません。

一方、学生本人がアルバイト収入などを元に融資を受ける学生ローンというのが存在し、こちらは使途が自由な消費者金融になります。
https://www.gateloan.com/

主に、資格の取得やサークル活動の費用、あるいは海外旅行など、キャンパスライフを送る上で急に出費がかさんだ場合の1時的なキャッシングに利用されるケースが多いです。

学生ローンの貸金業者は、一般的な消費者金融会社とかぶるケースもありますが、大学の近くで営業されている学生専門の貸金業者も多く存在します。

学生が借金をすることの賛否両論

昔から苦学生といわれるように、学生は貧乏で当たり前、学業に専念することが本分なので、借金などするべきではないという人も多いです。

20歳のフリーターの方が消費者金融で融資を受けても誰も驚く人はいないと思います。
一方で、20歳の大学生がアルバイト収入を元に融資を受けると「学生のくせにけしからん。」などと批判されることになります。

けれども、社会に所属している地位が学生というだけで、収入のある成人した大人が収入を元に借入を受けるのは特におかしなことはありません。

就職してしまったあとは、自由な時間をとれなくなりますし、また、卒業後は奨学金の返還や親への仕送りなどでお金の自由も利かなくなります。社会保険などを引かれたあとの手取りの部分でいえば、むしろ学生アルバイトの方が自由に使えるお金が多いというケースもあることでしょう。

海外旅行で見聞を広めたり、あるいは資格の取得など、学生のうちにしかできないことが多くあり、そのどれもがある程度の出費がかかってしまうものです。返済能力があり、なおかつ資金需要の旺盛な学生への融資は特におかしなことでもないと思います。

欧米ではスチューデント・ローンというのがあり、学生への融資というのは当たり前のようになされていますが、日本では学生が借金をすることには批判されがちです。20歳以上の学生は大人ですので、成人した以上は借金をしたとしてもあまり批判すべきことではないものと思われます。